新着記事

2014年05月23日

松下幸之助氏一日一話 社長は心配役

松下幸之助氏一日一話 5月23日 社長は心配役

社長というものは、従業員が1万人いれば1万人の心配を背負っていくものです。
ですから、心配で夜も眠れないというときもあります。
眠れないからつらい、苦しい。
しかし、そのように心配するのが社長の仕事なのです。
そのために死んでも、それは早く言えば名誉の戦死ではないか、
そう考えるところに社長としての生きがいも生まれてきます。

社長が心配しないでのんびりやれる会社などあり得ない。
眠れなかったり、煩悶したりしている姿こそ社長の姿で、
そこに社長としての生きがいがある。
そういう考え方に立つことが、
激動の時代である今日の経営者には求められているのではないでしょうか。

  ・ ・ ・ ・ ・
 
最近は、稲盛和夫氏と中村天風氏の肉声に こっていますが、
今日は、久しぶりに、「松下幸之助一日一話」を開いてみました。
「おすすめサイト」をご覧ください。
 
大企業であっても、小さな小売店であっても、トップに共通することは
最終決断を下さなければならない ということですネ。
posted by いさはやせいかつ   at 10:43 | Comment(0) | 名言・格言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
1u9n