新着記事

2017年07月22日

  「 洪水 」
 昭和32.7.25 水害体験記
 長崎県諫早市教育委員会編

この本は、学校から購入したと記憶しています。
今、東北の津波や、九州北部の、
被災のテレビ映像と 全く同じ状態が、
小学生の目で、体験談として描かれています。

私の記憶中でも、まったく同じで、
 稲光の中で、一瞬見える、
  二階の窓から、
手の届きそうな 所を流れる 濁流。

建物らしき大きなものが、流れて、
「 あれがぶつかれば、家が 壊れる 」
 との恐怖。

暗闇の中から聞こえてくる 
「 お世話になりました ・・・。
   ありがとうございました ・・・」
という 女性の 声 ・・・


DSC_0967.jpg

DSC_0969.jpg

DSC_0971.jpg

DSC_0965.jpg

 
あの年は、水害日以後も、
  毎日毎日 雨が続きましたので、
床の掃除の水は、雨水を使いましたので  
  助かりました。

飲料水は、近所の井戸に 
  皆で、行列して、もらい水をしました。

給水車は ?? 
  記憶がありません。!! 


昨日の投稿も、合わせてお読みください。
posted by いさはやせいかつ   at 10:13 | 行事・出来事

2017年07月21日

大水害被害陶板高城水位標そば



高城水位標そば陶板PIC00018C.JPG

posted by いさはやせいかつ   at 19:56 | 行事・出来事

諫早大水害 「 洪水 」
昭和32.7.25 水害体験記
長崎県諫早市教育委員会編 
※注 市内の小中学生の 体験談です。

小学生の時、諫早は、80年ぶりの 大水害に襲われました。
諫早駅前の 永昌東町は、当時、永昌町東 と呼ばれ、
今の永昌町は線路より上で、永昌町西 と言われていました。
線路上の永昌町西の人は、地獄の一夜が明けて、初めて、
永昌東町の 水害に気が付いたそうです。
御館山小学校は、高台なので、被害はありませんでしたが
児童が、10名ほど亡くなったと 記憶しています。

市内では、一夜で 600名以上が、犠牲と なられました。
当時は、電話回線が不通になったために、
諫早は 全滅したと 報道されたそうです。
諫早高校の 無線部員によって、
市内の状況の 第一報が伝えられたそうです。
当時も、諫高は、市役所のすぐ近くにありました。

当時の、作文集があります
御館山小学校の児童の作文も、7名載っていました。
うち、2名は お知り合いの方でした。
住所の 永昌町 とあるのは、今の永昌東町のことです。

文集の写真も写したのですが、うまく載せることができませんでした。
諫早の歴史博物館で、諫早大水害展が開かれていますので
ぜひ、大水害の状況を 見て、語り継いでいってください。

・・・ 皆様、安らかに お眠りください。・ ・ ・

今回の九州北部水害の、復旧作業の方々、この暑さの中、
くれぐれも、ご無理をなさいませんように、ご注意ください。

posted by いさはやせいかつ   at 16:55 | 行事・出来事

2014年12月06日

「タロージローのカラフト犬」の歌が、話題になっているようですね。
新作品がテレビで、放映されたのは、2011年10月だったようです。

昔の歌の歌詞を知りたい方がいらっしゃるようですので
そのときのブログを もう一度、投稿致しましょう ネ。

  ・ ・ ・ ・ ・ 

タロー・ジローのカラフト犬
テレビドラマ 「 南極大陸 」

「 戦後日本復活への愛と命の感動物語〜
56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す 」

番組が始まると、自然に 歌っていました !!

「 タロー・ジローのカラフト犬 」

何十年振りでしょうか ?
覚えているものですね !

歌いながら 東芝レコードを
押入れから 取り出してきて、息子に見せました。

 唄 三浦尚子 東芝シンギング・エンジェルス
しばさきそうすけ作詞 豊田 稔作曲・編曲


小学生の頃の映画が、 浮かんできました。


雪と氷の南極に
取り残されて幾月も
きびしい寒さと闘って
観測隊の小父さんの
帰って来るの待っていた
タロー・ジローのカラフト犬


本当に淋しかったでしょう
吹雪の時や暗い夜
父さん母さん待っている
日本のお家が恋しくて
どんなに泣いたことでしょう
タロー・ジローのカラフト犬


元気でいると知った時
観測隊の小父さんも
ぼくらも泣いたよ嬉しくて
丈夫でいるのよこれからも
日本の国へ帰るまで
タロー・ジローのカラフト犬


あの 吹雪の音の伴奏が 大好きで ね〜 !

ポータブルの蓄音機もあるのですが
ドラマに観いってしまいました。

何十年も、動かしていませんね !! 動くのでしょうか !

  ・ ・ ・ ・ ・ 

レコードは、針が傷んでいると、レコード盤を傷めますので、
針を、買ってからでなければ、聴くことができないですね ・・・
posted by いさはやせいかつ   at 13:49 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年12月05日

最近、このブログへの皆さまの
「タロージローのカラフト犬」への読み込みが増えています。

私が、小学校の頃、南極観測隊が、昭和基地を造り、
そこへ、犬ぞりを引くために、カラフト犬を連れてゆきました。

隊員たちが引き上げねばならなくなり、
やむなく、犬たちを、置き去りにして、日本へ帰ってきました。
残された犬たちのうち、生き残った2匹の犬、
タローとジロ―は、兄妹でした。
「おそらく、お互いに助けあって生活をしていたのだろうと、
思われます。」  とお聞きしました。

小学生だった私は、父母と共に映画を見ました。
また、レコードを、買ってもらいましたので
毎日、聞いていました。

また新しい映画がテレビで放映されましたので
また、新たな気持ちで、鑑賞致しました。
  昨年でしたね ・・・ !!

今また、懐かしく 思い出しています。
posted by いさはやせいかつ   at 14:34 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年11月25日

昨日24日と、今日25日は、曹洞宗の攝心会が、
諫早の広福寺様に於て開催されています。

例年、妙本寺で行われているものですが
私は、久しぶりに参加いたしました。

お坊さん方も、参加者も、顔見知りの方々が多く、
また、初めての方々もいらっしゃいます。

檀家さんだけではなく、私のように
他の宗派の方も、参加されて

日常を離れた 別世界を 体験しています。

提唱 (講義) は、「 正法眼藏坐禪箴 」 です。


坐禪 は、手段ではなく
坐禪 そのものが 目的

1 + 1 = 1

自他一如

両手を合わせると、一つ

坐禪 と 自分が 一つになる

人 と 自分 は 一つ

仏教を 知っていることと、
仏教がわかることは 別

大人が 育たなければ 子供は 育たない


などなど、お教え頂きました。
posted by いさはやせいかつ   at 03:50 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年08月25日

昨、21日、FAXの着信の呼び出し音が、
 いつもと 違う音が、午後、なりっぱなし。
ディスプレイをみますと、真っ黒です。

翌日22日に、NTTへ連絡しましたが「113が、混みあっています。」
やっと通じましたが、故障していたのが、QTネットの方でした。
それから、ビビックへの電話しまして、
電話での、何回にも及ぶ、やり取りが続きました。
「スクリプトエラー」が出ました。

故障担当の方が見えて、 夜までかかって、点検と修理 ・・・。
回線が、2回線あったので、助かりましたネ。

隣のビルに、雷が落ちる所を、みなさんが、見ていたそうです。
FAXは、修理不能で、買い替えなければなりません。

が、今朝、またまた、「スクリプトエラー」です・・・。
私には、意味不明な 世界です。

9時過ぎました。
今から、また、連絡を、入れましょう か ネ。
posted by いさはやせいかつ   at 09:17 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年08月15日

先ほど、お墓から、戻ってきました。

大和家の墓地には、ひとつの区画に、
3基の墓石が あります。
父が生前に、墓石の業者に依頼して、磨いていただきまして、
きれいに、輝いていました。
しかし、最近、墓参に行くたびに、茶色くなってゆきました。

昨日、ふと「水ペーパーで磨こう。」と思いつきましたので、
お盆の今日、ウォーターペーパーで お墓を磨いてきました。
大和家の墓石が、少しですが、きれいになりました。
あとの、2基は、そのままですが、
これからは、墓参りに ゆくたびに、
少しずつ 磨いてゆきたいと思っています。

朝から、雷の、吹き降りでしたが、
夕刻になりますと、雨も小降りになりましたので
墓参りの方も、増えて、初盆のご家庭も相次いで、見えました。

長崎県は各地で「お精霊さん」を流す 「精霊流し」 が行われます。
良かったですね、精霊流しが、無事にできて、
皆様、天国へと、旅立って 行かれました。
posted by いさはやせいかつ   at 20:13 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年07月27日

2014072619570003.jpg

2014072710110000.jpg

2014072710090002.jpg

2014072620300001.jpg

長崎県倫理法人会設立15周年記念式典が
7月26日、グランドパレスで行われました。

県外からは、沖縄をはじめ九州各地から来賓が見え、
第一部 式典では、現会長、山中正春氏から、歴代会長4名へ、
記念品の贈呈も行われました。

第2部 講演会講師は、
一般社会法人倫理研究所 理事長 丸山敏秋氏
「心の経営」が未来をひらく でした。

経済市場主義により、第一次世界大戦、
さらに、全体主義になり第二次世界大戦が行われました。

今後は、日本人が守り続けてきた、道徳心、商人道など
心や、精神、誠、などを基にした経営を行い、
経営者が、自分自身を高めていってください。

第三部では、天満和太鼓で盛り上がり、
まさに、祭りの血が騒ぐ という、すばらしい演奏でした。
posted by いさはやせいかつ   at 10:55 | Comment(0) | 行事・出来事

2014年07月25日

今日は、楽しい、楽しい、お祭りの日です。
若者にとっては ・・・

昭和32年の7月24日の夜。
それは、諫早大水害の日 でした。
我々 小学生にとっては
明日から、楽しい、楽しい 夏休み。 でした。
そんな夜、の、出来事 ・・・

あの日の出来事を、
600人 もの人が、流されて、死んでいった 
あの日を 
楽しい、楽しい お祭りの日  として
若い人たちに  印象づけて いいのでしょうか ?
我々が、あの日の 事を 覚えている
最後の  世代 では ないのでしょうか ?

今、自宅からは、全く、観えなくなった 花火 ですが、

もう、最後でしょう ね
鳴り響いています。
アッ   音が やみました。

「お世話になりました〜。」と言う声 ・・・

600人の 御霊 よ 安らかに !!
posted by いさはやせいかつ   at 21:03 | Comment(0) | 行事・出来事