新着記事

2017年12月09日

経営理念を 掲げました。

DSC_1049.jpg

中小企業家同友会で、経営指針作成講習が行われています。
経営理念を作成していただきましたので、
事務所に 掲げました。
手作り食品の お役に立てるようにと思っています。


posted by いさはやせいかつ   at 16:10 | 会社ご案内

2017年08月06日

家庭菜園の大根を黄金でつけましょう。

黄金二斗-2  20120206.jpg

黄金四斗-2  20111218.jpg

家庭用の、たくあん漬の素 「 黄金 」は
 4斗用(60kg)と、2斗用(30kg)です。
最近は、団塊の世代の方々が、
 健康と、楽しみのために、家庭菜園で野菜を育てて
そこで作った大根や野菜を、お料理だけではなく
 漬物をつけていらっしゃいます。
黄金2斗用は、大根30Kg用ですので、
 作る分量で、等分して最初に、小袋に詰め、
  黄金の外袋の中に入れておかれる事を
おすすめいたします。

posted by いさはやせいかつ   at 21:17 | 商品ご案内

2017年07月30日

乾燥米こうじ1Kg.JPG


ジャーを利用した甘酒のつくり方

◇ 材料 うるち米又はもち米 ・・・5合
(もち米で作ると 甘味が強くなります。)
  米 麹 ・・・・・・・・・・・1Kg
     
◇用具 温度計 保温器具(ジャー)

◇作り方 

1.米は 洗って水に1時間ほど浸けてから、
4割〜5割増しの水で、柔らかいご飯を炊きます。

2. 麹は、かたまりのないようにほぐします。

3.ジャーにお湯を入れて、温めておきます。

4.ご飯が蒸れたら、粗熱をとって(75℃)
麹を手早く、均一になるように、混ぜてください。
  混ぜ終わりの温度が、60℃前後にしてください。

5.ジャーの湯を捨てて、この中へ 4.を入れます。
55℃〜60℃に保ちながら、5〜6時間ほどおきます。

  ☆ 温度調節は中にしてください。
  ☆ 途中で温度が下がりすぎたら、ボールに移して、
    大なべに湯を沸かし、湯せんをしてください。
    55℃まで上げ、再びジャーに移して保温します。

  6.甘未が十分出れば、上のほうに液が出てきます。


これで出来上がりです。 召し上がる際には、
湯で薄めて、なべ又はレンジで 一度沸騰させてください。

好みで、生姜汁、レモン汁、
    ジャム、マーマレード、
    コーヒー、ココア などを 混ぜて、
ホットでも、冷やしてでも !! 
       夏バテ 解消に !!

お料理の、味付けに、味に、深みが出ます。
posted by いさはやせいかつ   at 12:54 | 商品ご案内

2017年07月29日

経営理念を作成いたしました。

長崎県中小企業家同友会では、
「経営理念の作成」に力を入れていらっしゃいます。

「中小企業は、規模が大きい会社も、家族事業レベルの会社も
それぞれ、各企業としての考えをもって経営していると思いますが、
急速に変化する環境変化に対して、ブレない座標軸を持って
経営することが大切です。
社員の誰もが納得し、安心してついていける自社の今後の進むべき
方向を的確な方針として示すことが求められています。
経営指針の確立は、対外的な信用を高める上でも大きな効果を発揮します。」

との考えのもと、講習会が開催され、弊社も、宇土様の指導のもと、諫早支部のみなさまの御知恵をお借りして、
4月19日に、作っていただきました。
父母が創業し、紆余曲折がありましたが、
くしくも、昭和29年に創業して、平成29年に明文化できたことは、感動でした。
父の口癖だった 「農家の食生活の向上に奉仕する。」
母の独身時代、当時は珍しかったでしょう、「食事療法」と・・・

「皆、経営する上で、自分自身が気づいていない考えがあり、
それを、皆さんに教えていただくことが大切です。」
私も、会社のブログの冒頭に書いている文章をお褒め戴きました。
思ってもいないことを言われ、改めて眺めてみました。

科学の進歩によって、我々は、とても快適な生活をしていますが、
昔の人々のように、
自然への畏敬の気持ちを忘れないようにしましょう。

  経営理念

「食卓に笑顔を」
昔ながらの自然の力で支えます。


諫早生活食品工業株式会社


近日中に、額に入れて、いただけるそうです。
ありがとうごいざいました。
posted by いさはやせいかつ   at 16:00 | 会社ご案内

 炭酸カルシウムについて

サンケスト50 2009102808330000[1].jpg

サンケスト500 20090624085002_2007-0508-0738[1] - コピー (2).jpg


「サンケスト」は炭酸カルシウムです。

炭酸カルシウム、食品添加物使用基準等一覧表

※ 品名 ・・・ 炭酸カルシウム
※ 主要用途 ・・ 強化剤、醸造用、食品製造用
※ 使用基準として、
 使用量の最大限度量は、
 対象食品 ・・・
  チューインガムにあっては・・・カルシウムとして、10%
(特別用途食品を除く)
  一般食品にあっては・・・・・・カルシウムとして 1.0%
 (特別用途食品を除く)

 使用制限 ・・・ 食品の製造又は加工上必要不可欠な場合
          及び栄養目的に限ると定められています。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・

炭酸カルシウム  化学式 CaCO3
カルシウムの炭酸塩
大理石や、石灰石、方解石、貝殻などの主成分
無色、無臭、無味の粉末、または結晶
酸により、分解し、二酸化炭素を発生する。
肥料(酸性土壌の中和)、ゴム(充填剤)、塗料、顔料、
製紙、歯みがき粉などの用途に用いられます。

 ・ ・ ・ ・ ・

サンケストが、「漬物の 酸味を 消します。」
というのは、上記の「酸により分解し、二酸化炭素を発生する。」
の反応によるものです。

こんなことを書いていますと
高校時代を、想いだしますね 〜!!
  受験生 ! ガンバレ !!
posted by いさはやせいかつ   at 14:34 | 食品に関する法律

2017年07月25日

 甘酒を作りましょう。
「米こうじ乾燥 いさはやのいのち」です。
 1 kg と 200 g の 2品 ございます。



乾燥米こうじ1Kg.JPG


 甘酒の作り方

乾燥米麹200g もち米ご飯200g 湯冷まし600CC
1 ご飯を60度位までさまし、
  電気釜に材料を入れ、混ぜ合わせます。
2 夏は蓋を開けたままで、上に綿ふきんをのせ
  冬は保温のスイッチなどでこまめに調節し
  温度を50度〜60度に保ちます。
3 10〜15時間で、出来上がります。
4 冷蔵庫で保存してください。
  65度で菌が、死滅しますので、ご注意下さい。
お好みで牛乳、レモン汁、生姜汁等を加えます。

ご注意いただくことは
1、開封後はすぐお使い下さい。
2、保存方法 高温多湿や直射日光をさけてください。
3、15度以下の冷暗所に保存します。
4、麹菌は、生き物ですので、清潔に、お取り扱いください。

posted by いさはやせいかつ   at 15:40 | Comment(0) | 商品ご案内

2017年07月23日

サンケスト50 2009102808330000[1].jpg


サンケスト500 20090624085002_2007-0508-0738[1] - コピー (2).jpg


たくあん漬など、お漬物に欠かせないのが
「 サンケスト 」です。
 サンケストは
炭酸カルシウムですので、本漬け時に加えますと、
漬け物に 酸が生じてくると、順次、中和をしますので
漬け物が、すっぱくなりません。
結果、痛まないので、長く、おいしく食べれます。
と同時に、カルシウムですので、体に良い ・・・

チョッとひと手間  
「 サンケスト 」を 加えましょう。

漬けものには、4斗 60Kgに  50gを 1袋
味噌作りには、2斗 30Kgに 500gを 1袋

試してみられる事を、おすすめいたします。
posted by いさはやせいかつ   at 10:32 | Comment(0) | 商品ご案内

2017年07月22日

味噌つくりのシーズンになりました。

永年ご愛顧になっている 種麹菌の 
「白味噌菌」、 「田舎味噌菌」
「醤油菌」
に加えまして、
「甘―い甘酒菌」(種麹菌)も 販売しています。

今、手作りの 甘酒を使って まろやかな甘さのお料理を
楽しんでいらっしゃる方が増えています。

「乾燥米麹」から甘酒を作れば、
より手軽に、甘酒を 作ることができます。


古来からの自然の発酵の力で
食卓に笑顔を!


種麹白味噌菌20101003.jpg

種麹甘い甘酒菌20161211DSC_0775 - コピー - コピー.jpg

乾燥米こうじ1Kg.JPG

posted by いさはやせいかつ   at 20:11 | 商品ご案内

  「 洪水 」
 昭和32.7.25 水害体験記
 長崎県諫早市教育委員会編

この本は、学校から購入したと記憶しています。
今、東北の津波や、九州北部の、
被災のテレビ映像と 全く同じ状態が、
小学生の目で、体験談として描かれています。

私の記憶中でも、まったく同じで、
 稲光の中で、一瞬見える、
  二階の窓から、
手の届きそうな 所を流れる 濁流。

建物らしき大きなものが、流れて、
「 あれがぶつかれば、家が 壊れる 」
 との恐怖。

暗闇の中から聞こえてくる 
「 お世話になりました ・・・。
   ありがとうございました ・・・」
という 女性の 声 ・・・


DSC_0967.jpg

DSC_0969.jpg

DSC_0971.jpg

DSC_0965.jpg

 
あの年は、水害日以後も、
  毎日毎日 雨が続きましたので、
床の掃除の水は、雨水を使いましたので  
  助かりました。

飲料水は、近所の井戸に 
  皆で、行列して、もらい水をしました。

給水車は ?? 
  記憶がありません。!! 


昨日の投稿も、合わせてお読みください。
posted by いさはやせいかつ   at 10:13 | 行事・出来事

2017年07月21日

大水害被害陶板高城水位標そば



高城水位標そば陶板PIC00018C.JPG

posted by いさはやせいかつ   at 19:56 | 行事・出来事