新着記事

2014年06月11日

永続する企業に共通する要素 

「 永続する企業に共通する要素 」

  講師 戸田徹男 氏 倫理研究所 参与 
  倫理法人会 モーニングセミナー

世界各国で、紛争が続いています。
その中で、日本は、唯一、外国に支配されたことがない国です。
グローバル化によって、勝ち組と、負け組にわかれていきました。

日本の老舗へ、漢字一文字であらわすと何か? とアンケートを取りますと、
第一位が、「 信 」、次に「 誠 」 の返答がありました。
  「 正直 」、「 勤勉 」 が老舗の経営方針です。
日本には、千年企業が、七社あります。
一番古い企業が、寺社仏閣建築の 「 金剛組 」 で、千四百年にもなります。

欧米諸国は、常に、他国から攻められる歴史の中で、
  長期の企業は、ありません。
戦後、日本も、人件費を、「コスト」 と考える様になりました。

今、ユニクロは、非正規社員を、全員社員にする方向です。
どんなときにも、「裏切らない。」 「会社をつぶさないこと。」
 「製品を、作りすぎないこと。」
あくまでも、本業の延長線上に、広げること。
「 分 」 を知る事。

岡山の 「 藤戸饅頭本舗 」 は、八百年です。
 身の丈にあった経営を 行う事。 ネットや、通販はしない。
 十七名で、作れる範囲で、小規模だが、高利益をだしている。

「 赤福 」は、売りすぎたために、問題になったが、
 その時も、社員の首は、一人も、切っていない。
 戦後、闇の小豆や、砂糖を、買わないで、操業を止めていたが
 財産を売ってしのぎ、社員を、やめさせることはなかった。

などなど、いろんな企業を上げられました。
このように、日本企業は、

「 社員は、家族 」 と考えて、
 社員の幸せを通じて、社会に貢献する。

年功序列によって、
社員と社員の家族が、安心して生活できるようにしてきました。

社員の各自が、自分の判断で、
  どうしたら、お客さまに 喜んでいただけるか ?
を考えて行動できる環境を 作ってゆきましょう  !!
posted by いさはやせいかつ   at 09:53 | Comment(0) | 行事・出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
t92h