新着記事

2019年02月11日

乾燥米こうじ1Kg.JPG

日本の発酵食品で作った醤油こうじで
 おいしいお料理を 楽しみましょう。 

醤油こうじの作り方

材料 乾燥米麹 200g 濃口醬油 300?
1 米こうじを大きめのボールに入れ、両手でよく揉み合わせます。
2 上記に濃口醤油を加え、醤油が濁りトロミが出るまでしっかり揉み合わせます。
3 密封容器に移して密封し、常温で1日に1回かき混ぜます。
4 夏は1週間、冬は2〜3週間、発酵させます。
5 冷蔵庫で 保存してください。
 麹菌は生き物です。衛生にお気をつけください。


posted by いさはやせいかつ   at 08:12 | 商品ご案内

2019年01月06日

DSC_1956.jpg


今から高菜がシーズンです。
 新しい高菜は、新漬けで楽しみましょう。
高菜は、βカロチンをはじめとして
 ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK 等々
ビタミンがたっぷりなので
 高血圧や、動脈硬化予防の予防にもなります 

高菜漬は、野沢菜、広島菜と並んで
 日本三大漬け菜といわれています。
新漬けは、数日漬けたもので
 古漬けは、一年ほど浸けたものです。

今日は 小寒 ・・・ 
 これからの寒さに向かって
  頑張ってゆきましょう。
posted by いさはやせいかつ   at 19:53 | 商品ご案内

2018年12月22日

いよいよ 年の瀬も押し迫ってきました。
 大掃除には、大きなポリ袋が 大活躍します。

DSC_2002.jpg


規格ポリ袋よりも 厚くて一回り大きい 特注品です。
 サイズに合わせてお使いください。

ポリ袋 種類   厚さ   幅   深さ 

4斗ポリ袋  0.065mm × 90cm ×120cm
  72リットル
2斗ポリ袋  0.065mm × 71cm × 85cm
  36リットル
1斗ポリ袋  0.065mm × 55cm × 70cm
  18リットル
5升ポリ袋  0.065mm × 45cm × 60cm
   9リットル
3升ポリ袋  0.065mm × 38cm × 53cm
   5.4リットル

posted by いさはやせいかつ   at 10:15 | 商品ご案内

2018年11月13日

黄金二斗-2  20120206 - コピー.jpg

黄金四斗-2  20111218 - コピー.jpg


黄金の季節になりました。
二斗用は、30Kg 四斗用は、 60Kg です。
最近は、黄金で、酢漬けを漬ける奥様が増えています。
posted by いさはやせいかつ   at 20:39 | 商品ご案内

2018年08月01日

身をもって範を示す
 
 松下幸之助氏 一日一話 8月1日

指導者というものは、
いろいろなかたちでみずから信じるところ、
思うところを人びとにたえず訴えねばならない。
と、同時に大切なのは
そのことを自分自身が身をもって実践し、
範を示すようにつとめていくことであろう。

“百日の説法屁一つ”
ということわざもあるように、
どんなにいいことを説いても、
その成すところがそれに反していたのでは、
十分な説得力は持ち得ない。

もちろん、力及ばずして
100%実行はできないということもあろう。
というよりそれが人間としての常かもしれない。
しかし、身をもって範を示す
という気概のない指導者には、
人びとは決して心からはしたがわないものである。

かもめkamo11 image011[1].jpg
posted by いさはやせいかつ   at 17:55 | 商品ご案内

2018年07月29日

力の限度にあった仕事を 7月29日 
  松下幸之助氏 一日一話

2、3人の人を使っての個人企業の経営者としては 
 立派に成績を上げたけれども、
  10人、20人と人が増えてはもうやっていけないという人もあろう。
このことは、ひとり経営者についてだけでなく、
 部とか課の責任者、
  さらには一人ひとりの社員が仕事と取り組む上での
   心構えといった点で大事な教訓を含んでいると思う。 

それは一言でいえば、お互いが自分の能力を知り、
 その上に立って自己の適性というか、
  力の限度にあった仕事をしていかねばならないということである。

自分の能力を常に検討し、
 適性にあった仕事をしていくということになってこそ、
  自分自身、ひいては会社や世の中にも
   貢献することができると思うのである。



PIC000056.JPG
posted by いさはやせいかつ   at 06:53 | 商品ご案内

2018年05月13日

ご飯から 甘酒を作りましょう。
「米こうじ乾燥 いさはやのいのち」です。


乾燥米こうじ1Kg.JPG


ご飯から 甘酒の作り方

乾燥米麹200g もち米ご飯200g 湯冷まし600CC

1 ご飯を60度位までさまし、
  電気釜に材料を入れ、混ぜ合わせます。
2 夏は蓋を開けたままで、上に綿ふきんをのせ
  冬は保温のスイッチなどでこまめに調節し
  温度を55度〜60度に保ちます。
3 10〜15時間で、出来上がります。
4 冷蔵庫で保存してください。
  冷凍庫に入れると長く保存できます。 

  
お好みで牛乳、レモン汁、生姜汁等を加えます。

ご注意いただくことは
1、65度で菌が、死滅しますので、ご注意下さい。
2、乾燥麹は 開封後、すぐにお使い下さい。
3、保存方法 高温多湿や直射日光をさけてください。
4、15度以下の冷暗所に保存します。
5、麹菌は、生き物ですので、清潔に、お取り扱いください。
posted by いさはやせいかつ   at 08:05 | 商品ご案内

2018年04月15日

クエンサン50シソ 2012070609270001[1].jpg

クエンサン50-2 20120706.jpg

シソ (紫蘇)は、4月から種まき、5月に植え付け、
6月から9月まで収穫します。
シソには チリメンジソ、マダラジソ、アカジソ、アオジソ、
カタメンジソ、チリアオメンジソなどがあり
食用には主に 赤紫蘇と青紫蘇を用い、
梅干しやジュースには、赤紫蘇を使います。

◇シソジュースの作り方
   赤シソ 100g     水 1.8ℓ
   砂糖  600〜700g  クエンサン20g
  シソを洗って、水気をふき取ります。
  水を煮たててシソを入れます。
  5分でシソを取り出します。
  砂糖とクエンサンを入れかき混ぜます。
  火を止めて、出来上がり。
  飲むときに、2倍に薄め、氷を入れます。
  お好みで、牛乳とはちみつ、焼酎、レモン
  などを入れて お楽しみください。
posted by いさはやせいかつ   at 20:09 | 商品ご案内

2018年04月10日

f06f白味噌田舎味噌醤油甘酒 DSC_1422.jpg

暖かくなり、初夏を迎えると、弊社では、味噌菌の準備をします。
 味噌つくりには、白味噌菌と、田舎味噌菌をお使いください。
長崎県では、昔から田舎味噌菌(赤味噌菌)が主流でした。
 現在、白味噌菌が主流です。
醤油菌や甘酒菌もご愛用ください。
 いづれも、種麹菌です。
これを3日3晩寝かせて、麹を 作ります。
posted by いさはやせいかつ   at 12:54 | 商品ご案内

2018年04月08日

松井タンサン.JPG

今年は、暖かかったり、寒かったり。
 今朝の室温は 10℃でした。
  体調にお気を付けください。
とはいえ桜も葉桜になり、
 庭先では、芝桜や、モッコウバラが咲いています。
アスパラガスも次々と、芽が出て、ぐんぐん伸びてゆきます。

山菜、フキ、タケノコ、青菜、などのあく抜きには、
野菜を入れた湯が沸騰したら、
 タンサンを一つまみ入れると、
  ジュッという音がして泡が引きあがります。

 タンサンを 使うと、料理がおいしくできます。
posted by いさはやせいかつ   at 12:13 | 商品ご案内